産後の骨盤矯正 ①

こんにちは、西船整体院です。

産後の骨盤矯正についてです。

出産によりママさんの骨盤は不安定になります。

出産によっておこる骨盤のゆがみは、ぽっこりお腹や下半身太り、腰痛の原因に

繋がっています。

妊娠から出産まで、骨盤はどうしても影響を受けてしまい、

産後ママの骨盤はグラグラで、とても不安定な状態です。

この開いた骨盤は、およそ半年から一年くらいの期間をかけて、

ゆっくりと元に戻っていくようになっていますが、

特に産後すぐはグラグラしていて、違和感を抱くママも少なくありません。

出産後の過ごし方によって骨盤の戻りが違います。過ごし方次第では、

開いた状態の骨盤が、歪んで閉じてしまうことがあるので注意が必要です。

骨盤が正しく元の良い状態に閉じてくれると何の問題はありませんが、

赤ちゃんのお世話は、抱っこにおんぶ、下を向いての授乳など、

姿勢が悪くなりそうな体勢をとることが多くなります。

そういった動作が影響してしまい、骨盤が歪んでしまう可能性が高くなります。

骨盤が開くことで、内臓の位置が下がるため、下腹ポッコリお腹になりやすくも

なります。

骨盤が歪んだまま閉じてしまえば、

骨盤周辺の血流や水分代謝が悪くなり、むくみが出やすくなります。

代謝が上手くいかないので、太ってしまう原因にもなります。

骨盤が歪んでいると全身のバランスが崩れるので、

身体に負担がかかり、肩こり・腰痛・冷えや、不妊などにもつながることが

あるといいます。

このように、骨盤の歪みは、女性にとって嬉しくないことばかりということになります。

そのため、産後の骨盤矯正は積極的にケアをしてあげなければいけません。

いかに産後の骨盤矯正をしていけば良いかは、

産後の骨盤矯正 ② にて話をいたします。

 

 

 

→西船橋のカイロプラクティック 西船整体院はこちら