床に座る

こんにちは、カイロプラクティックセンター西船整体院です。

「床に座るときは、どういう座り方がいいのか?」
を聞かれることがあります。

結論から言うと、床に座ることは体にはあまり良くないのです。

まず、あぐらや体操座り。
この座り方は膝への負担は少ないですが、腰が丸くなり腰痛の原因となりやすくなります。

次に、正座です。
正座の場合は姿勢が伸びるので腰には優しい座り方ですが、膝にはものすごく負担がかかります。

では、横座りは?
上記2つの悪いとこ取りで、膝にも腰にも良くないです。

座りが長時間続くときは、なるべく椅子に座りましょう。
その際に、自然と背筋が伸びた姿勢を保つことが大事です。

姿勢をキープするには、ヘソを軽く前に出すイメージで座ってみましょう。
それだけで骨盤が安定して、腰にかかる負担が軽減しますよ。

→西船橋のカイロプラクティック 西船整体院はこちら