月別アーカイブ: 2013年8月

お風呂でリラックス

こんにちは、カイロプラクティックセンター西船整体院です。

連日の猛暑とクーラーによる冷えで体のコリやダルさが抜けない方が多い時期です。

そんなコリやダルさを解消するには、お風呂が効果的です!

お風呂に入るので大切なのは
ぬるま湯にゆっくり半身浴
を心がけることです。

そうすると血流が良くなり、筋肉の緊張がほぐれます。
さらに、ぬるま湯に浸かることは疲労を回復させるリラックス効果もあります。

「今の時期は暑いからシャワーだけ」
と言う人は、ほぼ皆さん全身の筋肉が凝り固まっています。

お風呂でゆっくりリラックスして、疲れやコリを解消させましょう。

→西船橋のカイロプラクティック 西船整体院はこちら

草取りと腰痛

こんにちは、カイロプラクティックセンター西船整体院です。

この季節は雑草が伸びてきますね。
草取りをされる方もいらっしゃるかと思います。

しかし草取りの姿勢は、かなり体には負担がかかります!
いわゆるしゃがんで背中を丸めて前かがみになる姿勢ですね。

しゃがむことにより、骨盤や膝には、かなりの負担がかかります。
更に丸まった姿勢になるので、背中や腰の筋肉は硬くなってしまいます。

これが長時間続いてしまいますと、膝や腰の痛み、最悪の場合はぎっくり腰の原因となってしまいます。

対策として、同じ姿勢を長時間続けないよう気をつけましょう。
こまめに立ち上がって足や腰の筋肉を伸ばしてあげると効果的ですよ。

→西船橋のカイロプラクティック 西船整体院はこちら

冷湿布と温湿布の使い分け

こんにちは、カイロプラクティックセンター西船整体院です。

来院される患者さまに
「冷湿布と温湿布はどちらがいいですか?」
と尋ねられることがあります。

結論から言いますと、どちらを使用しても効果に差はありません。
使ってみて「気持ちいい」と感じるほうを使うといいでしょう。

冷湿布には冷たさを感じさせるメントール、温湿布には温かさを感じさせるカプサイシンがそれぞれ含まれています。
これによって皮膚での感じ方に差を出しているんですね。

ただ、ぎっくり腰などの急性の強い痛みの場合は温湿布は避けましょう。
炎症が起きている可能性があるので、温かさを感じる温湿布は逆効果になることがあります。

急性の強い痛みには、インドメタシンやフェルビナクなどの消炎鎮痛剤の含まれた、痛みや炎症を抑える効果のある湿布がオススメです。

→西船橋のカイロプラクティック 西船整体院はこちら

足首の歪み

こんにちは、カイロプラクティックセンター西船整体院です。

ここ数日は猛暑日が続きます。
こまめな休憩と水分補給を心がけることは熱中症の予防に繋がりますよ。

今日は膝の違和感で来院された方がいらっしゃいました。
しかし膝まわりを調整しても、なかなか違和感が抜けませんでした。

よく見ると、その方は足首の関節がズレて歪んでいました。
そこで足首の歪みを整えたところ、膝の違和感も緩和しました。

足首の歪みがあると、立ってるときや歩いてるときのバランスが悪くなります。
その結果、膝や腰に負担をかけ、痛みや違和感の原因となることがあります。

運動をする前後に足首を回して動かすことで、普段から足首を柔軟にしておくことが大事です。

→西船橋のカイロプラクティック 西船整体院はこちら