股関節の痛み

こんにちは、西船整体院です。

仕事で長時間座った後に股関節が痛む・・そういった方が細菌多くいらっしゃいます。

股関節(脚の付け根)が痛くなる原因とは一体なんでしょうか?

多くの方は、座り過ぎ、または、過度な運動により股関節周りの筋肉が固まってしまっている。

股関節は太ももの前側の筋肉やお尻の筋肉と繋がっている為、長時間動かさないことが続いてしまうと、股関節の動きが悪くなり、動かした時に痛みが出てしまいます。

筋肉の硬さ以外にも、股関節が変形してしまっていることによる痛みの可能性もあります。

股関節の軟骨は長い時間をかけてすり減ったり、変形したりするので、歩行時に変形した軟骨がぶつかり合ってしまい痛みが出る方もいます。

この2点が大多数を占めます。

では股関節の痛みが出た時はどう対処すればいいのでしょうか。

1・股関節周りの筋肉を強くする
2・椅子やベッド、洋式生活に替える

痛みが強ければ薬に頼ることも一つの手ではありますが、根本的な解決にはなりません。

股関節の痛みが強くなる前に当院に一度いらっしゃってみてください。

撃退しよう!こむら返り

こんにちは、西船整体院です。

今日は、予兆もなく突然来る恐怖、『こむら返り』の傾向と対策についてのお話です。

まず、こむら返りとは。

筋肉が痙攣してつってしまうこと。
医学用語では『有痛性筋痙攣(ゆうつうせいきんけいれん)』と言います。

代表的なのはふくらはぎですが、実は、太ももや背中、胸、足裏などどこにでも起こるのです。

太ももに関しては、ふくらはぎの比にならないほど痛いですよ~

さて、筋肉がつってしまう原因は?

↓↓↓↓

・無理な運動などで過剰に伸び縮みした筋肉の異常な収縮
・筋肉の伸縮や神経の伝達をスムーズにしてくれる、カルシウムとカリウムを調整してくれる【マグネシウム】の不足
・運動中や就寝中の発汗による脱水
・骨盤の開き

こういったものが多いんです。

ちなみに、妊娠中の女性に起こるこむら返りは、2番目のマグネシウム不足です。

こむら返りの原因と傾向が解って頂けましたでしょうか?

ここまできたら次は対策です!

【予防対策】

まず、充分なミネラルを摂取しましょう。

マグネシウム→わかめ・ひじきなどの海藻類、ナッツ類
カルシウム→乳製品、豆腐などの大豆製品、しらす・ししゃもなど骨ごと食べられる魚
カリウム➙イモ類、ばなな・キウイ

これらの食品はミネラルだけでなく、他の栄養価も優れているので、意識的に摂取した方がいいですね。

血行不良にならないよう、運動中・就寝前は忘れずに水分補給
運動前はバナナ1本食べておくだけでも予防効果があります。

そして、就寝時、筋肉と骨は弛緩するので、元々骨盤が開いている状態だとより骨盤の開きが強くなり、そこから菌バランスが乱れてつりやすくなるため、骨盤にくっついているお尻の筋肉を就寝前のストレッチしておきましょう。

こむら返りを起こすとその後2~3日筋肉痛の様な痛みが続く方もいらっしゃいますので、そういった方はより上記のことを試してみて下さいね☆

外反母趾

こんにちは、西船整体院です。

夏日も増えて街中もサンダルを履いている方が増えてきました。

そこで目立ってしまうのが『外反母趾』。

外反母趾とは、足の親指の付け根が出っ張ってくの字に曲がってしまう症状です。

靴に親指の付け根が当たって痛みが出る事で気づかれる方が多いですね。

また、親指と人差し指(足でいうと第2指と呼ぶ)がぶつかっての痛みも多いです。

何が原因となるのでしょうか。

【原因】
・ハイヒールなどの先の細い靴を履く。
・遺伝性(9:1で女性に多い)
・ベタベタと歩く癖

こういったものがあり、特に多いのが3つ目の歩き方の問題。

歩き方が悪く上手く足裏の筋肉が使えないと偏平足になり、体重を支える際の負担が大きくなり、足の変形が起こります。

【対策】
・指の間を広げる
・運動靴を履く
・足裏に刺激をいれる

一番効果があるのは指と指の間をよく広げておくこと。

手で直接広げてもいいですし、グー、チョキ、パーのように思い切り広げて動かすのも良いですね。

外反母趾が酷くなって痛みが出てくると、かばいながら歩くようになるため、より歩き方が悪くなり、膝や腰に負担がかかって身体中に歪み痛みが出てきます。

足裏の硬さは自分で気づかなくても、指で押したりゴルフボールで刺激を入れておかないと、こういった痛みが出やすくなるので要注意です。

エアコンと喉の痛み

こんにちは、西船整体院です。

夏日が続き、昼の間エアコンをつけっぱなしにする事も増えてきましたね。

エアコンに長時間当たり続ける事で出てくる『喉の痛み』

一番多いのがエアコンの風による空気の乾燥。

冷房は空気中の水分までエアコンの中に取り込まれる為、部屋が乾燥し、喉や機関が水分不足を起こします。

これが喉の痛みとなってくるのです。

そのほか、

・口呼吸になっている
・エアコンの内部のカビや埃が溜まっている

ということも要因としてあります。

極力部屋を加湿し、水分をこまめに摂るようにしましょう。

また、のど飴も効果的なのですが、実は連続で舐めすぎると逆に口が渇くので気をつけてください。

かくいう私も声帯に炎症が起き、声枯れがしばらく続いております。。

特に今のご時世ではちょっとした咳でも人の視線が気になるところなので、喉がやられてしまう前に加湿して予防しておきましょう。

夏バテ

こんにちは、西船整体院です。

今日もここ、船橋は暑いです。。

シーズン初めての高い気温の時は、まだ暑さに身体が慣れていない事もあり、熱中症や夏バテを引き起こす確率が高くなります。

さて、皆さんも夏の暑さにより食欲不振・だるさ・疲労感を感じる時があると思いますが、そんな夏バテ、なぜ起こるのでしょうか。

よく言われているのが温度差による自律神経の乱れ。

その後胃腸の消化機能が弱まり、ミネラル、ビタミンなどを上手く吸収出来なくなります。

特に怖いのが『ビタミンB1』不足。

ビタミンB1とは、炭水化物に含まれる糖質をエネルギーに変えてくれる酵素を助ける働きがあり、充分に摂取しておくと、エネルギーがスムーズに作られ、疲労回復や精神を安定させる事が出来ます。

ウナギ・豚肉・ナッツ・大豆・ほうれん草などに多く含まれており、体内に溜めておけない栄養素のため、1日の中でこまめに摂取することが芳しいです。