月別アーカイブ: 2017年7月

熱中症

こんにちは、カイロプラクティックセンター西船整体院です。

梅雨に入り、更に、30℃前後まで気温が上がるようになりました。

さて、この時に気を付けなければならない事。

それは、『熱中症』です。

熱中症とは、高温な状況の中で体内の熱を外に十分に放散出来なくなる事が原因なのです。

体温調節の機能が失われると症状が出てしまうんですね。

主な症状は↓↓↓↓

・脱水症状
・頭痛
・吐き気、嘔吐
・めまい、立ちくらみ
・筋肉のけいれん

などが挙げられます。

症状が重くなると、場合によっては意識障害など生命に関わる症状となることもあります。

夜間でも25℃を超える熱帯夜となれば、熱中症にかかる危険があります。

これから暑くなる時期、昼夜問わず気を付けましょう

〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜
カイロプラクティックセンター
西船整体院

千葉県船橋市西船4-11-10
Tel 047-433-3377 ٩( ‘ω’ )و
〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜

→西船橋のカイロプラクティック 西船整体院はこちら

足裏・かかとの痛み

こんにちは、カイロプラクティックセンター西船整体院です。

本日は足の形についてのお話です。

 

『ハイアーチ』ってご存知でしょうか。

 

土踏まずが極端に上がりすぎて(反り過ぎてアーチがつきすぎている)、甲高になっている状態の足の事をいいます。

偏平足の反対ですね。

先天性のものと後天性のものがあり、後天性のものとして多いのが、ヒールの高い靴を履きすぎていることが原因であることが最もです。

 

足裏には『足底筋膜』と呼ばれる、足指の付け根~かかとの骨までつながっている筋肉があるのですが、その筋肉に負荷がかかりすぎると、足底筋膜が硬くなり、アーチが下がりにくくなるのです。

ハイアーチになってしまうと、ヒールの高い靴の方が楽になってきてしまうので、足の歪みがどんどん進行してきます。

 

足の歪みが強くなると・・・↓↓↓↓

・足裏の痛み
・かかとの痛み
・腰痛
・たこ、魚の目が出来る

などといった色々な症状が恒常的に出てきます。

また、運動している方は特に、膝の前十字靭帯の損傷リスクが高まってしまいます。

 

改善策は、

・足裏の筋肉の強化
・歩き方の見直し
・インソールを入れる

といった事が挙げられますが、これでも改善が見られない場合、足裏の腱膜を切る手術を行う必要があります・・・!

 

意外と怖い症状ですよね。

最悪な状態になる前に、また、自分の足の状態を知る為にも、気になった方は是非一度ご相談ください!

 

〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜
カイロプラクティックセンター
西船整体院

千葉県船橋市西船4-11-10
tel 047-433-3377
〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜

→西船橋のカイロプラクティック 西船整体院はこちら