野球肘の原因

こんにちは、カイロプラクティックセンター西船整体院です。

野球の投球動作などで肘の痛みとなる野球肘。
これは一体何が原因となるのでしょうか?

野球肘の主な原因は、投球過多です。
ピッチング動作で肘関節に負担をかけ過ぎることで、肘関節の炎症や、筋肉のオーバーユースが痛みの原因となります。

10歳〜16歳くらいの年齢で好発するのも特徴です。

成長期の骨はまだ柔らかく、少々の負担でも痛みになりやすくあります。
なので成長期の投球過多や変化球の多投は、野球肘の痛みに要注意です。

上記のように、野球肘は投球過多が主な原因です。
球数を制限したり、肘の痛みを感じたら安静にすることを心掛けるだけで予防できる疾患です。

〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜

カイロプラクティックセンター
西船整体院

千葉県船橋市西船4-11-10
Tel 047-433-3377
〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜•〜

→西船橋のカイロプラクティック 西船整体院はこちら