トレンデレンブルグ徴候

こんにちは、西船橋駅から徒歩3分のところにある西船整体院です。

みなさんの中で、歩くときに上半身が左右に揺れてしまう方、もしくはそのような歩き方をしている人を街で見かけたことがある方はいらっしゃいますでしょうか?

そのように上半身を左右に揺らしながら歩いている方はトレンデレンブルグ徴候かもしれません。

人は片足立ちをするときお尻の筋肉、特に中殿筋という筋肉を使って骨盤が傾かないように固定することで上半身が真っすぐになるようにしています。

もしも中殿筋が弱っていたり疲れていたりしていて充分に機能しないと、片足立ち時に骨盤が傾いてしまい、姿勢のバランスを崩して転びそうになってしまいます。そうなると人は片足立ちの軸足側に咄嗟に頭を傾けることで倒れないようにバランスをとろうとするのです。これをトレンデレンブルグ徴候といいます。

歩く動作は片足立ちを交互に行っていますので、トレンデレンブルグ徴候がある方が歩くと、バランスをとろうと頭を左右に動かして上半身を揺らしながら歩くのです。

中殿筋を含めたお尻の筋肉は姿勢の維持には重要な筋肉ですので日々のケアが欠かせません。

お尻の辺りにだるさや疲れがある場合にも、ぜひ西船整体院にお越しください。

ご来院お待ちしております。

→西船橋のカイロプラクティック 西船整体院はこちら