動作によって筋肉の主役はそれぞれ違う

こんにちは、西船橋駅より徒歩3分のところにある西船整体院です。

人間の身体には数多くの筋肉があり、それぞれの役割は筋肉ごとに異なります。

一見して同じような動作をした場合でも、ちょっとした違いでその動作の主役となる筋肉は変わってくるのです。

例えば、肘を曲げる動作。これ一つとっても、手のひらの向きひとつで動作の主役となる腕の筋肉は違います。

手のひらが上を向いた状態で肘を曲げる時に一番働いている筋肉は上腕二頭筋です。

一方、手の甲が上を向いた状態で肘を曲げる時に一番強く働く筋肉は上腕筋

そして、手のひらを縦にして親指側が上になった状態で肘を曲げる時には腕橈骨筋という筋肉が主になって力を発揮します。

同じ肘を曲げるという動作でも、手の向きだけで筋肉の働き方は違うのです。

筋肉を鍛える際には、それぞれの筋肉の役割や働きを細かく理解していると、より効果的に鍛えることができますよ。

→西船橋のカイロプラクティック 西船整体院はこちら